2017/10/08

◆交通刑務所について。

◆交通刑務所について。

小学3年生の冬に、祖父を交通事故で無くした。農夫だった祖父は夜道を農業用運搬車で移動していた。そこにカーブを曲がりきれなかったタクシーが激突。祖父は横転して斜面に転がり落ち運搬車の下敷きになった。

意識不明重態との第一報を受けて、家族で深夜の緊急病院を転々としたのをよく覚えている。悪質な運転をしたタクシードライバーは交通刑務所に収監されるのではないかと親から聞いた。

-------------

交通刑務所とは?

実際には「交通刑務所」というのは明確に定義されているわけではありませんが、市原刑務所は交通事犯を専門に収容しているため一般的に「交通刑務所」と呼ばれています。

出典・刑務所ネット
http://keimusho.net/transport.html

-------------

意外な交通刑務所での処遇。

交通刑務所では"開放的処遇"がとられる。鉄格子がなかったり、刑務所を囲う高い壁がない。交通刑務所での受刑者は一般的に計画的な犯罪を犯した者ではなく、過失によるものが多いから。


おわり

<スポンサードリンク>
2017/09/08

◆鎌倉観光に母と行ってきた。

鎌倉観光に母と行ってきた。

母の略歴
母は高卒で公務員になってからというもの、ずっと勤勉に働いていた。父とお見合い結婚した後も家族のために二馬力で
働いていた。独特な教育観を持っていたため、我々子供たちにとっては不自由がなかったわけではないが、飯に困るようなことは一度もなかったと記憶している。我々子どもが大学を卒業するタイミングで早期退職をして今は悠々自適に暮らしているらしい。(ちなみに父は定年まで勤めた)


60歳を超えてからというもの、余生をよく思うそうだ。
残りの人生を数え、考えることも多いらしい。岡山で平凡に暮らすのもいいが、日本中を世界を、生きている間に見たいと言っていた。鎌倉旅行はそんな母の思いで実現した。


01高徳院
先ずやってきたのは高徳院。徳が高そうな寺院だなぁ。
言わずと知れた鎌倉大仏のある場所だ。
でかい!!


IMG_6328.jpg


10円払うと大仏様の内部も見学できる。
入り口に10円を徴収する係りの人がいた。
人件費を考えると無料にした方が良いような気もしたけど...実に無粋な話である。


これが大仏様の胎内だ。

IMG_6329.jpg

30名収容可能。

1.jpg




02銭洗弁天


お金が増える?!
続いてやってきたのは銭洗弁天(ぜにあらいべんてん)
IMG_6346.jpg

ここ銭洗弁財天宇賀福神社には、お金を洗うと何倍にも増えて戻ってくるといわれる霊水「銭洗水」が湧いているという。お金を洗うという行為がどことなく可笑しくて僕が参拝を希望した。

軍資金の3,000円を早速洗おうと思ったら・・・

お籠と蝋燭と線香の参拝セットが100円!
安易に3000円を洗って増やそうと考えた不届き物に洗礼が下った。
増えるどころか100円の手痛い出費からのスタート。な~に先行投資、先行投資...
これから増えて帰ってくるハズ!

IMG_6345.jpg


この時の動画を公開しました。
参拝手順の参考にご覧ください。




お札を濡らしたのは人生で初めて...
IMG_6348.jpg

余談だけど、銭洗い弁天のすぐそばにあるお茶屋さんがいい感じだったよ。店主の人柄がいい感じだった。また詳しくは伝えるね。

ケーキセット300円。※ここ観光地。
ほっかほかの焼きたてアップルパイとブラックベリーのお茶にした。
しゃぶじゃぶ三回おかわりできるくらいサイフォンにたっぷりの飲み物。
ベークドチーズケーキは店主のオマケだそうだ。

IMG_6367.jpg



03鶴岡八幡宮

この後は鶴岡八幡宮へ。鎌倉は神殿や寺院が多かったなぁ。

2.jpg


●編集後記●
今回の旅でエナジーが溜まったかな~♪
いやまてよ・・・もしかして銭洗弁天に伝わる銭洗水の本当のご加護は、神社に毎日100円を落とす参拝者が後を絶たず、何倍にも増えるという点にあるのではないか・・。否!邪推はいかん。煩悩退散・・・渇っ!渇渇!!


母に聞けば鎌倉は以前来た事があるそうだ。学生時代に少し縁のあった町らしい。ゆかりのある町に再訪すしたい。それが潜在下にあったのかもしれない。知らない町を旅するのも楽しい。知っている町を再訪して変化を探すのもまた凄く楽しい。若いうちに世界を見て、そこへ年を重ねてからあちこち再訪すると、思い出フィルターがかかって老後が飽きないような気がするな~。余談。僕の両親はお見合い結婚だけど、同時期に東京近郊を二人ともうろうろしてたとかなんとか。実はご縁があったんだな。結果論ダケドネ!



翌日のランチ銀座・美登利。
息子君のおごり(ハート)
元気に旅でもして楽しく余生を過ごしてくれよな!

IMG_6393.jpg





おわり






<スポンサードリンク>
2017/09/07

◆身に余る贈り物。

半切りスイカをチワワのレオンくんにあげてみました。



イソップ童話でこんな話がありました。
お肉を咥えた犬君が川を渡ろうとしたら、水面にお肉を咥えた別の犬の姿をみつけました。
犬君はそれをみて思いました。

アイツはぼくより大きいお肉を持っている。

犬君はたまらなくなり吼えました。そのときお肉は川にポチャリ。
欲張った犬君はせっかくのお肉を失ってしまいました。


今日も良い一日をね~


おわり。



2017/09/06

◆文豪の異常性とは?(動画あり)。

"文豪の振る舞い"

"文豪の振る舞い"という作家業界特有の裏ルールでもあるのか?
芥川賞や三島由紀夫賞に輝いた先生方に共通する、怒りのようなものや異常性のようなものが面白い。
今日はそれぞれの人となりが垣間見える動画をいくつか紹介したいと思う。


芥川賞作家・西村賢太
受賞作品:『苦役列車』
家族は要らない


芥川賞作家・田中慎弥
受賞作品:『共喰い』
もらって当然だと思う


三島由紀夫賞受賞・蓮實重彦
受賞作品:『伯爵夫人』
お答えすることはありません(記者会見)



言葉を考え抜く人々。
彼らは作品を生む時、言葉やモチーフの意味を多角的にシュミレートして破綻がないよう、考えに考え抜いているはずだ。また、僕なら隠しておきたいような表現もズバズバ書く。綺麗事を排除して人間味の(隠しておきたい)本質に迫る。


普段僕らは、カドが立たない事に留意して言葉を選ぶが、
彼らは逆にあいまいな言葉を嫌っているように見えた。

本質を言葉にして何が悪い!
真っ直ぐな人々。

こう言うと失礼かもしれないが、守るものがある人にはこの家業は向かないと思った。
振る舞いにオブラートのようなものが一切ないから彼らが異常に見えたのかもしれない。
なかなか面白い。僕はあまり本を読まない人間だけど、彼らの本を図書館で借りてみたい。


◆おまけ◆
図書館で借りましたという馬鹿には絶対書きません(ファンレターの返事)




そう。図書館で借りられるとおまんま食い上げ。文章を書く人にとってこれほどの侮辱はないだろう。
ちゃんと買って読もう。それが作家への敬意。


今日は以上です。良い一日を。
いつもありがとね。

<スポンサードリンク>
2017/09/04

◆マクドナルドの裏技。

◆マクドナルドの裏技。
※あんまり上品な食べ方じゃないので一人のときにやってください。


hamburger_l.png
teriyakimcburger_l.png


まず、マクドナルドで安いハンバーガーと味の強いテリヤキバーガーを買ってください。


両方一気に開封してください。


テリヤキバーガーを先ずかじります。テリヤキ味を楽しんだらそのままハンバーガーをかじります。


味気ないハンバーガーがテリヤキバーガー風味になり美味しくなります。
あとは③の繰り返しです。

テリヤキは味担当、ハンバーガーは満腹感担当です。ただのハンバーガーが味わい深くなるのでお奨めです。
非常に貧乏臭い手法なので、必ず一人のときに実行してください。
意地汚い食べ方に見えるかも知れません。周囲に人の目がないか十分にご注意ください。

今日は以上です。


<スポンサードリンク>